お気に入りのチームやアスリートにベットしたいと思ったことはありませんか?中にはオンラインでベットできるサイトを検討している人もいます。オンラインスポーツベッティングは友人同士で賭けをするように単純ではありません。いくつか知っておくべき事項をご紹介します。

ブックメーカーはどのように収益をあげているのでしょうか?

スポーツギャンブルを楽しむ上で、まず理解しておくべきことは、ブックメーカーが収益をあげる仕組みです。計算を行っているのは彼らです。スポーツベッティングのブックメーカーは、個々のギャンブラーが弱い方に賭けようと、あるいは優勝候補に賭けようと、勝つことが可能な賞金額を計算しているのです。

例えばオッズが3.5倍の弱い方に賭けたとします。この場合、勝てば賭け金の3.5倍を受け取ることができることを意味します。しかしこのレベルのオッズは、勝つ確率の低いものにしかつきません。残念ながら優勝候補に賭ける場合、投資額の2倍になるようなオッズがつくことは滅多にありません。人々の賭け方や賭ける金額にもよりますが、オッズは1.3倍から1.8倍になるのが普通です。

すべてを管理しているのはブックメーカーです。 誰が勝っても、ブックメーカーが彼らの取り分を確保できるようになっています。

勝つか、負けるか?

ベッティングがさらに複雑になることもあります。初心者の場合、負けになるのが他のチームやアスリートが勝った時だけではないことがあります。ドローになるとどちらのアスリートにかけても掛け金を失うことになるような場合です。ドローは稀にしか起こりません。実際、ボクシングの試合や総合格闘技(MMA)の試合など、10ポイント制、3人のジャッジが採点するシステムでは、引き分けは滅多にありません。ブックメーカーの計算にもよりますが、ドローに賭けるオッズが18倍、20倍と非常に高い理由は、それだけ起こる確率が低いからです。

リスクの最小化

ベッドをする際にリスクを常に最小限に抑えるためには、賭けるチームや選手について、明確で詳細な状況を把握しておく必要があります。合理的なギャンブラーは、各チームに関して独自の調査を行います。両チームの過去の対戦を分析して、それぞれのチームの弱みと強みを確認する人もいます。

対戦成績も単純ではありません。このシナリオを詳しく見てみましょう。例えば、A選手とB選手が対戦するゲームがあったとします。C選手は過去にA選手を倒したことがあります。しかしC選手はB選手との対戦では負けています。これは共通の対戦相手がいるからといって、試合の結果を常に正確に予測できるわけではないことを意味しています。他に考慮すべき要素もあります。対戦様式もこうした要素の1つです。そのため、全体的な対戦成績を詳しく調べる必要があります。特に、ボクシングや総合格闘技(MMA)に賭けている場合は、過去12か月間の勝敗の内容を詳しく確認しておくとよいでしょう。

最後に

オンラインスポーツベッティングは、友達同士で賭けるよりも多額の賞金を勝ち取る機会を与えてくれます。ただ少し複雑な点もあります。事前の調査をしなければ、勝ち続けることはできないでしょう。オンラインスポーツベッティングで成功したければ、スポーツそしてチームや選手を理解しておくことが大切です。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!